【2019年最新】今年の熱中症対策!2つの飲んではいけない飲み物とは⁉ 【薬剤師監修】

今年の熱中症対策!飲んではいけない飲み物とは⁉

最終更新日:2019年7月30日

薬剤師&上級心理カウンセラーの真農十八番とファーマシストが監修

あなたは、熱中症対策はこまめに水分補給をすれば良いと思っていませんか?

実は

ある身近な飲み物では、かえって「熱中症が悪化・脱水」が進む飲み物があります。

それは?って気になりますよね。

それをあなたに紹介いたします。

脱水症

あなたの身体の中の水分とミネラル(電解質)が失われたり、バランスが崩れると脱水症になります。

脱水症の症状

・血圧が下がる

→血圧が下がるので、全身に酸素や栄養を届けることができなくなり、身体が動けなくなります。

…めまいや頭がボーっとして身体がだるくなり座り込んでしまいます。

・ミネラルバランスの崩れ

→ミネラル成分が筋肉を正常に動かしていますので、ミネラルバランスが崩れると足がつったり、しびれたりします。

脱水症になることで「熱中症」の様々な症状が発生してきます。

 

熱中症

熱中症は、気温の高い状態(湿度も影響)で起きる体温調節機能の障害です。

脱水症が起きて体温調節機能が働かなくなり、体温の上昇、全身の倦怠感、めまい、しびれ、足のつり、けいれんなどが起きます。

更に熱中症を放置すると「意識障害」最悪の場合、死亡します。

救急搬送状況

令和元年/平成31年の情報

熱中症情報

7月15日~7月21日までの全国の熱中症による救急搬送人員は、1,948人でした。

 

全国の熱中症による救急搬送人員
総務省消防庁ページより引用 https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/post3.html リンク

 

 

熱中症の発生場所

総務省が統計を取った2018年度の発生場所ごとの項目別の救急搬送人員数は、あなたにとって意外だと思います。

熱中症発生場所

ランキング

(ワースト)

1位:家(住居)38,366 人(40.3%)、

2位:道路 12,774 人(13.4%)、

3位:公衆(屋外)12,185 人(12.8%)、

4位:仕事場①10,279 人(10.8%)

家の中が

一番「熱中症」が発生します。

ですので

家庭で飲む「飲み物」が大切になります。

あなたは間違った「飲み物」を飲んでいませんか?

熱中症で飲んではいけない飲み物

熱中症で飲んではいけない飲み物が2つあります。

水分補給の目的として、

飲んではいけない飲み物①

カフェイン含有の飲み物

カフェインは利尿作用があるので、水分が失われ脱水・熱中症が悪化するので、水分補給の目的としては飲んではいけません。

※嗜好品の範囲で飲むのはokです。

(私はコーヒーが好きなので良く飲んでいます…)

・ほうじ茶

・緑茶

・ウーロン茶

・コーヒー

・紅茶

水分補給の目的として、

飲んではいけない飲み物②

アルコール含有の飲み物

アルコールは利尿作用があるので、水分が失われ脱水・熱中症が悪化するので、水分補給の目的としては飲んではいけません。

※嗜好品の範囲で飲むのはokです。

(私はビールが好きなので良く飲んでいます…)

・ビール

・ハイボール

・サワー

・その他アルコール飲料

熱中症対策の飲み物

熱中症の時 熱中症予防で飲んで頂きたい飲み物は

・麦茶

(カフェインは入っていませんし、水分とミネラルのバランスが良い)

・経口補水液















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ファーマシスト

こんにちは、薬局薬剤師です。 薬局の現場で得た生の情報を皆さんのお届けするためブログを書き始めました♬ 最近は心の悩みをお持ちのお客様が増えてきましたので、体の健康だけではなく心のサポートも必要とひしひしと感じ! 必死に心理カウンセラーの勉強を始め「上級心理カウンセラー」の資格を取りました。 水族館や海や山で癒されながら面白く役立つ情報を発信していきます。