【最新】女性のための漢方と身体の仕組み 気・血・水 【薬剤師監修】

女性のための漢方と身体の仕組み 気・血・水

最終更新日:2019年7月17日

薬剤師&上級心理カウンセラーの真農十八番とファーマシストが監修

最近、少し流行している「漢方」につて

興味を持っている あなたに

漢方の基礎

身体の仕組み(気・血・水)について分かりやすくお伝えします。

身体の仕組み(漢方)

漢方の治療の基本は「身体の正常な状態に戻す」ことです。

元気になることは良いことですが、過度に元気に

なるとそれはそれで病気になります。

人間の身体には「恒常性」があり、

元に戻る機能があります。

この機能を正常に戻すのが「漢方薬」です。

漢方の世界は

医学が発達していないころ

古代の中国人が考えた独特の概念です。

今の医学では「〇〇」に全てが当てはまる

訳ではありませんので、あなたもイメージとして捉えてください。

皆さんが生きていくためには、

食べ物を食べて消化してエネルギーを作たり、身体を作っています。

又は、身体や心(精神)を活動させるために、神経や血液、その他の物質が

正常に働いています。

漢方ではこれらの働きを「気・血・水」で説明を行います。

気とは

気の働き:

①身体の中でものを動かすエネルギー

②身体の中で守る働き

寒さから身体を守る働き(温める働き)

・血管から血液が漏れ出ないようにする働き

・内臓の位置を保つ働き

・気が止まると痛みが出る

気が作られる場所:

食べたものが消化されて小腸で栄養(水穀の精微)として脾に入り、脾で「気」になり、全身に送られます。

血の働きと性質:

・臓腑(内臓)を動かす働き

・臓腑(内臓)の位置を保つ働き

・温める働き

・温めると上昇する性質

・冷えると止まる性質

・止まると痛む性質

4つの気

血に入り栄養となる気は「栄気」という

外敵と戦う気は「正気」という

体表で身体を守り、汗腺をコントロールする気を「衛気」という

経路を流れる気を「経気」という

 

血とは

私たちが知っている「血液」とは異なります。

漢方では血は気と水から作られると考えられています。

血の働き:

①栄養を全身に運ぶ働き

②精神活動を支える働き

身体を冷やしたり温めたりする働き

・血が止まると痛みが出る。

※血は流られる場所が決まっているので

上下に勝手に移動しませんが、

寒いと「水の性質」から下半身に集まりやすい傾向があります。

血が作られる場所:

食べたものが消化されて小腸で栄養(水穀の精微)として脾に入り、脾で「気」になり、これに水が合わさることで脾で「血」となる。

血の働きと性質:

・潤す働き

・冷やしたり、温める働き

・血の流れが悪くなると発熱する性質

・臓腑(内臓)や皮膚や筋肉に栄養を与える働き

・関節など身体の動きを良くしている働き

水 津液とは

水の働き:

①熱くなったものを冷やす働き

②潤いを与える働き

水が作られる場所:

小腸で吸収された水分が脾で「水」にして全身に送り肺を持ち上げる。

水の働きと性質:

・熱くなったものを冷やす働き

・冷えると下がる性質

・潤いを与える働き

・1か所に貯まると痰などの汚い水になる性質

(血の材料となる)


 

職場の人間関係に悩んでいる 薬剤師のあなた!

今の職場で 薬剤師としてのステップアップに悩んでいるあなた!

転職情報を収集するサイトに登録をして、情報収集するのも

1つの前向きに人生を歩む方法の1つです。

真農十八番が実際に転職企業の担当者と合って、親身に相談に乗ってくれた企業をランキング形式で紹介します。

※ 転職を考えている皆さんは、

無料なのと

より多くの情報を得るために

複数の転職サイトに登録をしています。

 

1位:一番 親切で丁寧でした。
転職は今すぐではないけれども、誰かと相談してじっくり転職を考えたい方にお勧めです。


2位:日本最大級薬剤師転職支援サイトで、実績が高いです。
すぐに転職をしたい方にお勧めです。


3位:薬剤師が転職を考えた時に登録する定番のサイトです










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ファーマシスト

こんにちは、薬局薬剤師です。 薬局の現場で得た生の情報を皆さんのお届けするためブログを書き始めました♬ 最近は心の悩みをお持ちのお客様が増えてきましたので、体の健康だけではなく心のサポートも必要とひしひしと感じ! 必死に心理カウンセラーの勉強を始め「上級心理カウンセラー」の資格を取りました。 水族館や海や山で癒されながら面白く役立つ情報を発信していきます。