【最新】低気圧女子 女性のための「梅雨不調」解決法  【薬剤師監修】





低気圧女子 女性のための「梅雨不調」解決法

最終更新日 2019年6月20日

薬剤師&上級心理カウンセラーの真農十八番とファーマシストが監修

 

 

梅雨の時期は 身体がだるくなったり肩が凝ったりつらい日が続くあなたへ

その梅雨不調の解決法を1つ1つ分かりやすく解説します。

 

梅雨だとなぜ不調?

雨が降る前、特に梅雨の時期は、低気圧になります。

そうすると人間の身体は「副交感神経が優位」になります。

人間の神経は大きく2つあります。

1つ目は「交感神経」です。活動的に身体を動かすための神経です。

→車で例えると「アクセル」です。

2つ目は「副交感神経」です。身体を休息させるための神経です。

→車で例えると「ブレーキ」です。

 

梅雨の低気圧で「副交感神経が優位」になると身体は「休息モード」に入ります。

つまり「眠くなる」「だるくなる」

そして血流も緩やかになり、血流が徐々に悪くなり「肩こり」が発症します。

 

 

また、低気圧なると痛みのもとになる物質(炎症物質=ヒスタミン)が多くなり、「片頭痛」「肩こり」が発症します。

梅雨不調の解決法

①こまめに身体を動かすこと

梅雨不調の原因は、低気圧により「副交感神経」が優位になり「休息モード」になります。

だから、身体を動かすことで「交感神経」が優位になり「活動モード」になり体調不良が改善します。

特に「肩甲骨」を動かすと血流も改善するのでおすすめです。

デスクでできる 30秒肩こりマッサージ

 

 

肩甲骨を動かすヨガ動画

 

②身体を温めること

身体を温めることで血流が改善し、身体が「活動モード」に入り体調不良が改善します。

肩こりがひどい場合は「久光製薬の直貼」をおすすめします。

 

血流の改善や血管の拡張をする最適な温度は40℃です。

温泉もお風呂も40℃だと気持ちよく、肩こりなども改善しますね。

カイロの一般的な温度は54℃前後(血流の改善や血管の拡張目的では温度が高すぎます。

□カイロの平均温度□

ホカロン ミニ 貼らないタイプ (56 ℃)
貼らない温楽 (54℃)
ぬくっ子ミニ 貼らないタイプ (54℃)
ホカロン レギュラー 貼らないタイプ (54℃)

桐灰はるかいろ(53℃)

桐灰はらないかいろ(51℃)

 

だから、最適な温度(40℃)で安定する「久光製薬の直貼」を薬剤師としておすすめします。

 

 

直貼®のポイント

ポイント
  1. 1.温まり感UP
  2. 2.立ち上がり温度が5℃UP
  3. 3.はがれにくさ&貼りごこちUP
コリや痛みに温熱が効く
久光製薬のページより引用 http://www.hisamitsu.info/jikabari/ リンク

 

商品を購入する

楽天市場で購入するなら


久光製薬 温熱用具 直貼 Sサイズ 肩・首用 (12枚入) 家庭用温熱パック 【一般医療機器】


久光製薬 温熱用具 直貼 Mサイズ 腰・背中用 (8枚入) 家庭用温熱パック 【一般医療機器】

 

Amazonで購入するなら


久光製薬 温熱用具 直貼 Sサイズ(肩・首用) 6枚


久光製薬 温熱用具直貼Sサイズ (肩・首用) 12枚


健康法ランキング








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ファーマシスト

こんにちは、薬局薬剤師です。 薬局の現場で得た生の情報を皆さんのお届けするためブログを書き始めました♬ 最近は心の悩みをお持ちのお客様が増えてきましたので、体の健康だけではなく心のサポートも必要とひしひしと感じ! 必死に心理カウンセラーの勉強を始め「上級心理カウンセラー」の資格を取りました。 水族館や海や山で癒されながら面白く役立つ情報を発信していきます。